主な登場キャラクター(随時更新)

大体このキャラクター達によって物語が進みます。ネタバレ注意。

丙家監視部隊(甲皇国待機班)
丙家監視部隊の甲皇国待機班。覚のトクサ、影法師のロウ、鵺のハシタの三人組。

丙家監視部隊
丙家監視部隊のミシュガルド班。龍のビャクグン、烏天狗のエンジ、変人ハナバの三人組。

ミゲル
甲皇国の皇太子(王位継承権序列第3位)。乙家寄りの思想の持ち主であり、気弱な為今やトクサの操り人形。

オツベルグ・レイズナー
乙家の外交官兼アイドル。ミゲルの憧れ。ミシュガルド滞在中の為たまにしか戻ってこない。ほぼ回想での登場。

タチアナ
ミゲルの乳母でありジーンの娘。停戦前のクーデターにてミゲルを庇い死亡。その為回想のみの登場。

小妖怪達
世界中何処にでも居る為、甲皇国にも多数存在している。人間で彼らが見える者は刹那程だが、ミゲルには見えるようだ。

クノッヘン皇帝
甲皇国現皇帝。病と老衰により死期が近く、ミゲルを次期皇帝にしたいと考えている。その為トクサも優遇している。

ユリウス
甲皇国の皇太子(王位継承権序列第1位)。次期皇帝となる為ミゲルの暗殺を企てている。(滞在中か未上陸かに関しての記載がなかったので勝手ながら未上陸とさせていただきました。)

アウグスト
ユリウスに仕える傭兵騎士(実の弟である説)。ユリウスから奴隷の様な扱いを受けている。隙あらばミゲルの命を狙おうとしている。(ユリウスと同様勝手ながら未上陸にしました。)

エントヴァイエンとライオネル
甲皇国の皇太子(王位継承権序列第2位)とその近衛兵隊長。人間至上主義という訳ではないが、亜人を取り込み強化人間を作ろうと企んでいる。

カデンツァ
甲皇国の皇太子(王位継承権序列第4位くらい?)。停戦前のクーデターを引き起こした張本人。ミシュガルド滞在中の為たまにしか戻ってこない。ほぼ回想での登場。

ジーンばあさん
乙家の古株であり権力者。タチアナの母でありククイの祖母。クーデターによる娘の死以降、丙家への憎しみが増すようになった。

フォルカー
甲家の婿入りした乙家筋の宮廷顧問魔導師。カールの父。皇位継承権争いにより妻を亡くした為若干病んでる。(上陸未上陸どちらでもとのことなので未上陸とさせていただきました。)

オツガイム・カヲツケセカ
乙家の中でも割と偉い人。亜人大好き。しかしお花畑という訳ではなく、トクサと情報を共有するも警戒している。(フォルカーと同様、未上陸とさせていただきました。)


TOPに戻る

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system